photo00

神戸北の平屋


空間の解体、質感の凝縮




House in Kobe North

Dismantling of space, Condensation of texture

photo00
photo01
photo02
photo03
photo04
photo05
photo06
photo07
photo08

神戸北の平屋 | House in Kobe North


神戸の北部に位置するこの建築は、ご夫婦だけの棲み処として依頼されました。

様々な部分に空間をみつけ、 思い思いの過ごし方ができる住宅をと希望されたため、
あえて空間を箱型に区切るのではなく、 乱立するRCの壁とガラスの仕切りで視線、空気、人の動きを制御することで 空間を分節する、という形にしました。

建物を構成するものは4種類。

空間を分節するコンクリートの壁とガラス、
2本の受け梁と12本の大梁で支えられた木造の大屋根、
そしてその大屋根を壁の上で浮かすための無垢スチールの小さな柱。

単純なエレメントで空間を構成することで、 一つ一つの材の質感が露わになり、 抽象度は高くとも、質感の豊かな空間が演出できると期待しています。

現在工事中につき、詳細については竣工後に改めて掲載する予定です。




神戸北の平屋

用途:専用住宅
家族構成:夫婦
場所:兵庫県
敷地面積:446.13㎡(134.95坪)
建築面積:171.46㎡(51.87坪)
延床面積:143.48㎡(43.40坪)
写真撮影:N/A


Blog | 「兵庫:神戸市北区の家」カテゴリの記事一覧

Now printing



House in Kobe North

Use:husband and wife
Family:N/A
Location:Hyogo Pref., Japan
Site Area:446.13 sqmt
Building Area:171.46 sqmt
Total Floor Area:143.48 sqmt
Photographer : N/A