水呑の家|外観写真 水呑の家|外観写真 水呑の家|外観写真 水呑の家|内観写真 水呑の家|内観写真 水呑の家|内観写真 水呑の家|内観写真 水呑の家|内観写真 水呑の家|内観写真 水呑の家|内観写真 水呑の家|内観写真 水呑の家|内観写真 水呑の家|内観写真
  • 水呑の家|外観写真
  • 水呑の家|外観写真
  • 水呑の家|外観写真
  • 水呑の家|内観写真
  • 水呑の家|内観写真
  • 水呑の家|内観写真
  • 水呑の家|内観写真
  • 水呑の家|内観写真
  • 水呑の家|内観写真
  • 水呑の家|内観写真
  • 水呑の家|内観写真
  • 水呑の家|内観写真
  • 水呑の家|内観写真
S

水呑の家


敷地の選定からの相談でした。複数ある候補地の中から、分譲地の奥まったところにある、南北に長さのある敷地を選ぶことに。南北に細長いことで、建物の前に空きスペースが取れ、光を取り入れやすく、 プライバシーが保ちやすいことが、選定にあたっての大きなポイントでした。
建築主の方の要望としては、温かい感じの雰囲気で、1階とロフトのような2階が繋がりあう雰囲気にしたい、ピアノ教室をしたい、庭づくりをしたい、太陽光パネルを設置したい、という要望でした。 そのような要望から、敷地正面右(南東)から、斜め左上(北西)に向かって屋根が上がっていく家を提案しました。 要望にあった太陽光パネル設置条件から、真っすぐに南面に屋根面を向けると、室内に日差しは入りにくく暗くなってしまいます。屋根勾配を45度平面的に振ることで、室内が明るくなり、 なおかつ建物正面の窓が、南西側からの日差しを取り入れやすくなります。この土地は、西側に山があるため、夕方に暗くなるのが早い。そのため、南西方向の窓を大きく取ることで、 夕方の日差しや光を多く取り入れることができるのです。
室内は、斜めになった屋根を、そのまま室内の構成とデザインに生かしています。 南面には、和室とリビングダイニングがあり、建物北側には洗面浴室などの水回りと、ピアノ教室、2階の3つの個室を配置しました。徐々に高くなっていく屋根勾配が、 そのままリビングダイニングの吹き抜けとなり、自然と2階の個室と空間的に繋がることになるのです。全体には、個室群の高さと面積を抑え、コンパクトにまとめることで、 同程度の予算ボリュームの住宅より、LDKと和室の空間的なボリュームを、広がりある贅沢な空間にすることが出来ました。
1階LDKと和室は、お酒好きなご夫婦の友人たちが、沢山集まって楽しめるような雰囲気に。ピアノ教室は、玄関から直接アクセスできる動線としています。2階は寝室、 子供室2つが、リビングダイニングスペースに対して、室内窓で繋がっています。室内窓は吹き抜けを通じて通気もできるので、室内に高低差を生かした風の流れも生み出しています。


水呑の家

用途:木造2階建て
家族構成:夫婦+子供1人
場所:広島県福山市水呑町
敷地面積:330.34㎡
建築面積: 70.44㎡ (21.3坪)
延床面積: 92.43㎡ (28.0坪)
House in Minomi,Residence,Hiroshima