日々のこと

大阪:医院クリニック(皮膚科)

大阪:医院クリニック(皮膚科) 色合わせ

大阪:皮膚科クリニック

写真は現在の仮の診療所。

今回はカーテンと壁といったファブリック系の打合せです。

医院はカーテンが沢山あり、皮膚科となると、さらに目隠し用にカーテンが通常の3倍ほどの量になります。

淡い色味にするか濃い色味ににするか?

ソファーもオーダーで製作するので、ソファーの生地や床の色も関係してきます。

ファブリックの専門家も加わり、あれこれ話するのも楽しい打合せだと思っています。

大阪:医院クリニック(皮膚科) 工事開始

大阪:医院クリニック(皮膚科)

工事開始です。

まずは今あるクリニックの内装を解体しました。

いままでの医院は一旦別の場所に移転して診療を続けています。

解体すると、ビルの図面と少し違っていて、調整するところもありました。

天井内部の梁の状況や、給排水の菅の位置など、新たな発見も沢山。

大阪:皮膚科 診察室

皮膚科の診察室

大阪:皮膚科の診察室の設計が進んでいます。

通りからの日差しをコントロールしたり

待合に声が漏れないようにしたり

将来のことを見据えてどのようにすれば動きやすいかとか

を、少しづつ改良しながら図面が固まってきています。

 

大阪:皮膚科 デザイン検討

大阪で皮膚科を設計中 (2)

大阪で皮膚科の設計を進めています。

長い期間医院を運営されていて、世代交代も見据えてのリニューアル。

かつての医院は行列が通りまで膨らんでしまい、現在のビルの中に移転。

現在のビルも何時間も患者さんが待つ状態。

急遽作成したパーテーションで、プライバシーなどが守りにくいという状況です。

ということで、じっくりと進めつつ、これからも長い年月利用することを想定して、設計やデザインを考えています。