日々のこと

徳島:徳島の家

徳島の家:屋根

屋根

徳島の家:屋根がようやく?できあがりました。

このような屋根がいくつかあるのですが、実際に使うのは一つだけです。

周囲の様子もうかがえて開放感があります。

この建物の模型を見せると、いつもすべての場所に行けるのですか?

と、聞かれることが多いです(男性率90%程度)。

屋根って、たくさんあった場合、一体どう使うんでしょうか?

打合せの時にも話しましたが、特にこれといったことはなかったのですが、この話題がなぜか多いので、これからの課題にしておきましょう。

徳島の家:吹き抜けの窓

吹抜け

徳島の家:吹き抜けの窓を見上げたところです。

これに向かって階段が伸びていくデザインです。

晴れだったら様子がわかりやすかったのですが、あいにくの雨。

周囲

気のせいか徳島に来ると、なぜか雨が多いです。

前面道路からの景色は新緑に霧がかかって綺麗です。

徳島:徳島の家 内部の様子

足場が取れる

徳島:徳島の家 内部の様子を見ながら、それぞれの壁面の色合いなどを想像してみました。

それぞれのエリアの色調を変化させようかと考えています。

大分と方向性は見えてきました。  

徳島の家:内部の様子

徳島の現場

徳島の家:内部の足場が外れました。

これから床が張られていきます。

足場がなくなったので、内部の連続している様子がわかりやすくなりました。

とはいえ、まだまだこれからです。 

徳島の家 屋根

屋根に上る

徳島の家 屋根の下地が完成したので、屋根を散歩してみました。

設計段階で、あちこちの屋上に上れたら、という希望がありました。

結局、屋上をつくるはっきりとした理由はないものの、一部の屋上を利用することに。屋根に上ると、周囲の景色が見渡せました。

作業室で、パソコンの業に疲れたら、屋上に上がって気分転換するのに良さそうです。 

徳島:内部の様子

徳島の家現場

徳島:内部の様子です。

内部はスキップフロアになっています。

足場があって、まだイメージしずらいのですが、少し動くごとに見え方に変化が生まれて、楽しめる家になりそうです。

壁の色を決めようかと思っていましたが、骨組みが予想以上に時間がかかっていて、まだまだ決める状態ではありませんでした。

最近生まれたお子さんが、将来楽しんで住んでもらえるよう、より良くなるように検討を進めています。

徳島の家:雪の後に

徳島の家外観

徳島の家:雪の後に打ち合わせでした。

打合せ前日に、徳島入りする予定が、橋や高速道路が凍結で急遽延期になり、翌日の早朝に徳島入りしました。

片流れの屋根から、雪解けの水が落ちてきています。

現場監督さんが現場に熱中するあまり?前日まで、打ち合わせ日程連絡するのを忘れていて、建築主の方に急遽連絡しての打合せでした。

中に沢山足場がある中、照明やスイッチの位置を一通り確認していきました。

徳島:徳島の家 屋根の下地

ROOF

徳島:徳島の家 屋根の下地を施工し終えました。

今回は屋根のデザインも重要なところです。

山の方に向かって直線的に延びる屋根下地は、ついつい登ってみたくなります。

徳島:徳島の家 金物

金物

徳島:徳島の家 金物を取り付けています。

これまた、かなりの量の金物があり、取り付けに時間がかかっています。

年末年始を挟むと、さらに時間が経過しているので、すごく時間が経過した印象です。 

建築主の方と一緒に、現場を見てまわれるのは、少し先になりそうです。 

徳島:徳島の家 合板

合板

徳島:徳島の家 合板を取り付けていっているところです。

今回の建物は、このあたりの作業が、形状が複雑に入り組んでいるため、通常の倍ほど時間がかかっています。

建築を設計する側としては、この骨組みの状態もイメージが膨らむ、面白い現場の状態のひとつです。