お便り

大阪府:南田辺の家

築70年以上の長屋を切り離して の、間口3.8m未満、奥行き17m未満の、狭間狭小地での建て替えを依頼するにあたり、インターネットのホームページで、「小さい家」を推奨され、実績がお有りの「藤原・室 建築設計事務所」を知り、お願いさせて頂きました。

狭間狭小地では不可能かとも思えた数々の要望(3階建鉄骨、地下室、屋上、駐車スペース、吹抜け、外光確保、希望床材の調達等々)、イメージ、を全て聞き入れて頂いた上で、想像を超えた満足のいく提案を頂けました。またオリジナルデザインでの家具も手掛けられており、ソファー、リビング・ダイニング両テーブル、カウンター、椅子等、内部空間にマッチしたものを同時進行で設計、製作して頂けました。

工事の進捗においては、土地分割や調査等の複雑難解な問題も、優秀な調査士様を紹介頂き無事にクリア、また建築に際しても紹介頂いた匠な工務店様により、難工事も安全に進められ、近隣にも丁寧な対応で、工期中も安心で居られました。完成後は、細やかなアフターフォローを受けながら、日々楽しく快適に過ごせています。

このことは、住宅密集地で外部の景観が望めないことを前向きに捉え、「家の中の景色」を「風景と捉えて眺めながら楽しめる」というコンセプトで、多彩なアイデアを室内空間に表現し、散りばめて頂けた賜物であり、感謝するとともに、藤原・室 建築設計事務所の先生方に巡り会えた喜びを実感している毎日です。