神戸の小さな家 Tiny House in Kobe

敷地を確認するために現地へ向かったときに、現地と気づかずに通りすぎてしまった。
 なぜ、そこまでして、家を建てる必要があるのか?そう思う人がいてもおかしくは無い。小さい家が好きなのだろうか?小さい空間が好きな人じゃないと計画自体成り立たないだろう、と思いながら敷地図を見る。現地に立ち、自問自答してみる。どこまで要望が叶う家が出来るのがろうか。いろいろなことが頭を過る。ちょっと心配になる。
 でも、考えてみれば、都心部の一昔前の住宅密集地はそもそも狭小地に建っていて、今更「狭小住宅」とあえて何か新しいように名前付けするのもちょっとおかしいのではないかと思う。そうやって、いろいろ納得させながら思いを膨らまして家づくりを提案していきました。
 人数が多い時はみんなの親密度が上がる。1人か2人でも寂しい感じがなくて落ち着く。すぐに空調が調節出来る。目が行き届くのでメンテナンスがしやすい。小さな空間の良い点は、もしかしたら大きな空間より勝るのかも知れない。といままでの計画した狭小住宅設計を振り返ると、そんな気がすることがあります。

神戸の小さな家
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子供2人
場所 兵庫県神戸市
敷地面積 36.95m²(11.18坪)
建築面積 22.13m²(6.69坪)
延床面積 63.33m²(19.16坪)
構造 木造
階数 地上3階
竣工年 2012年
写真撮影 矢野紀行(矢野紀行写真事務所)

出版/受賞

2019年 05月
関西テレビ「よ~いドン! スゴ腕ワーカー」
2016年 12月
HOUSING IN JAPAN(DETAIL)ドイツの建築図書
2016年 07月
Du Côté de Chez Vous(フランスの住宅雑誌)
2016年 06月
Tiny Houses in the City(Rizzoli)アメリカの建築図書
2015年 08月
GREEN(台湾の建築雑誌)
2014年 08月
「Small House in Japan」(Equal Books)
2014年 03月
“INTERIOR DESIGN-室内設計” 台湾の建築雑誌
2013年 10月
暮らし快適(株式会社ソーゴー)
2013年 10月
OBJECT(AT Media.Ukraine) ウクライナの建築雑誌
2013年 04月
TBS 「ひるおび」
2013年 04月
毎日放送「パテナの神様」
2013年 02月
MBS「住人十色」タテにつなげて狭さ克服! 神戸に建つ6.6坪の家
2013年 01月
LIXIL「ネエ ミテ コンテスト with 近藤典子」部門賞

The first time I went to see the building site for this project, I walked right past it. It was so small some people might have wondered why anyone would bother to build a house there in the first place. Does the client like small houses? As I looked at the site plan, I thought to myself that if they didn’t like small spaces, it would probably be impossible to come up with a design. I stood on the site pondering the project. Would I be able to design a house that met the client’s needs and desires? I thought about many things, and I began to feel slightly worried.

But when I thought about it a little more, I realized that these days it is hardly novel to build a “tiny house” on a small lot in a dense residential district in the city center. In that way, I convinced myself that the project was worthwhile, and I developed my ideas until I was able to propose a design.

When many people are in the house, their relationships grow closer. Even when only one or two people are there, they feel calm rather than lonely in the space. The temperature can easily be adjusted. Everything is visible, so maintenance is easy. When I look back on the tiny houses I have designed in the past, I sometimes feel that the merits of small spaces may win out over those of larger spaces.

Tiny House in Kobe
Use residence
Family a couple with two children
Location Hyogo Pref.
Site Area 36.95 sqmt
Building Area 22.13 sqmt
Total Floor Area 63.33 sqmt
Structure wooden
Stories 3
Year 2012
Photographer Toshiyuki Yano (Toshiyuki Yano Photography)

Publishing / Award

May 2019
TV KANSAI
December 2016
HOUSING IN JAPAN(DETAIL)
July 2016
Du Côté de Chez Vous
June 2016
Tiny Houses in the City(Rizzoli)
August 2015
GREEN
August 2014
「Small House in Japan」(Equal Books)
March 2014
INTERIOR DESIGN
October 2013
kurashi
October 2013
OBJECT(AT Media.Ukraine)
April 2013
hiruobi
April 2013
TV MBS
February 2013
jyunintoiro
January 2013
LIXIL CONTEST