帝塚山の家 House in Tezukayama

大阪市内の道幅の狭い密集地に建つ小さな家です。

クライアントは敷地探しの段階から弊社にお越しいただきました。
いくつかの候補地を一緒に回り、最終的に間口3.74m奥行16.31mの細長い形状のこの敷地に決められました。

計画にあたって、ご要望の一つに、写真や絵本、置物などを飾る場所を希望されました。 一方で敷地は比較的小さく、必要な居室をコンパクトにまとめなければいけない上、 複数階になるため階段スペースも必要となります。
また、住宅密集地のため外の景色もあまり望めません。

そこで、上記の問題を一挙に解決する方法として、棚にも、居場所にもなり、
家の中の景色にもなる「棚階段」というものを検討しました。

「棚階段」は建物本体と構造的に分離されています。
「棚階段」とその前後のスキップフロアの間にはスリットが設けられ、
分離している様子を視覚的に表現しています。
そして、そのスリットからはあえかな光が差し込みます。

「棚階段」は通路であり、棚であり、デスクであり、居場所です。

上り下りすると、棚の森の中を立体的に潜り泳ぐよう景色が広がります。
棚階段が暮らしの中心になるようレイアウトしたおかげで、実用的です。
靴や洗面雑貨、洗濯用品などなど。飾り棚に並べられた日々の暮らしの雑貨は、
どこか楽し気に見えてきます。
棚階段を上りきると、棚に溶け込んだデスクがあり、そこは書斎となります。
段板はやわらかいパイン材から作られています。
スリットから落ちてくるやわらかい光は木漏れ日のようなまばらな影を落とし、
ふと座って本を読みたくなるような居心地のいい居場所にもなります。

そして、竣工後にはこの家に猫が仲間入りし、
この「棚階段」は大きなキャットタワーにもなっているとのことでした。

帝塚山の家
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子供1人
場所 大阪府
敷地面積 60.94m²(18.43坪)
建築面積 34.54m²(10.45坪)
延床面積 72.85m²(22.04坪)
構造 木造
階数 地上2階
竣工年 2017年
写真撮影 矢野紀行(矢野紀行写真事務所)

This small house is located on a narrow street in a dense Osaka neighborhood. We were involved in the project starting with the search for a lot and visited a number of potential sites with the client. Ultimately, we selected this sited measuring 3.74 m across by 16.31 m deep.

One of the client’s requests was that the house provide places to display their photos, pictures, and decorations. The lot’s small size, however, meant the living space had to be compact and multi-story, with some of the space allocated to a staircase. Furthermore, the crowded residential neighborhood promised little chance of good exterior views. As a strategy for solving all of these problems at once, we devised a “shelf-staircase” that serves as both display space and living space, in addition to providing interesting interior views.

The shelf-staircase is structurally independent from the overall building. This independence is visually expressed through slits inserted between the staircase and the split-level floors in front of and behind it. Sunlight filters pleasantly through skylights at the top of these slits.

The shelf-staircase is comprised of passages, shelves, a desk, and living space. The views as one goes up and down the stairs are reminiscent of moving three-dimensionally through a forest. Designed to function centrally in the residents’ daily life, the structure is highly practical. The items they have displayed on the shelves, from shoes to toiletries and laundry supplies, create a relaxed, homey mood.

At the top of the shelf-staircase is a study with a desk that melds into the shelving. The soft natural light from the slits casts a mottled pattern like light filtering through trees onto the structure, making it a comfortable place where the residents sometimes pause to sit on one of the soft pine treads and read a book. It serves one more function as well: a giant cat tower for the recent feline addition to the family.

House in Tezukayama
Use residence
Family a couple with a child
Location Osaka Pref.
Site Area 60.94 sqmt
Building Area 34.54 sqmt
Total Floor Area 72.85 sqmt
Structure wooden
Stories 2
Year 2017
Photographer Toshiyuki Yano (Toshiyuki Yano Photography)