建築家と家を建てる10ステップ(住宅の新築)

ステップ1) コンタクト



「建築家に住宅設計を依頼する」なんてこと、

一瞬身構えてしまうかもしれませんが、

出会いは、「検索して気になった」「雑誌を見た」「たまたま住んでいるところと近かった」など様々です。

心配なこと、聞いてみたいこと、やってみた夢など。

なんでもご相談ください。

まずは、連絡をとってみましょう。

電話、メール等でご連絡下さい。


相談についてはこちら
コンタクト

ステップ2) ご相談・顔合わせ



事務所に来ていただいて、

ご希望をお聞きしたり、

ご質問やご相談などあればお答えしていきます。

事務所の今までの実績を紹介したり。

まずは、イメージをつかんでください。
顔合わせ

ステップ3) 土地探しと資金計画のご相談 / 敷地調査



土地探しからお考えの方は、

予算内でおさまる土地を一緒に考えてさがしていきましょう。

また、銀行からの借り入れなど資金計画なども

一緒に考えさせていただきます。

そして、敷地が決まれば

敷地を見学したり、周辺状況を調査したり。

また、役所などに出向き敷地の法規調査も行います。
土地探しと融資

ステップ4) 提案



敷地、予算、そしてお客様の希望。

そういったものを総合的にまとめ上げ、

形にしてご提案させていただきます。

模型をはじめ、

スケッチ、ドローイング、図面など。

思いもかけなかったデザインとの出会いに

胸躍る瞬間です。
提案

ステップ5) 基本設計



提案が気に入ってもらえれば、

ここから本格的な設計となります。

ご希望の部屋数やサイズ、

階数、居室のレイアウト、

基本的な動線や、

キッチンのレイアウトなど。

基本的な間取り等の話をまずは行いましょう。


基本設計

※ここから設計契約となり設計料が発生します。
設計料は契約時、実施設計終了時、工事期間中と竣工までの間に、 3回程度に分けてのお支払いとなります。

ステップ6) 実施設計


仕上の材質や、

収納の大きさなど。

収納の取り方や

水回りの使い勝手なども、

何度かに分けて話し合いながら、

細かい部分の設計を進めていきます。

最終的に仕上がる図面は50枚ほどになります。
実施設計

ステップ7) 見積もり / 確認申請


基本的には数社の工務店に見積もりを取り、見積もりを提示してもらいます。

その内容を見ながら、建物の希望とそれに対する金額を見て、 最終工事金額を調整していきます。

時には設計内容の微調整も行います。

また、ある程度工事金額の見通しが立ってきたら

同時に役所や検査機関に、書類を提出していきます。

建物規模や構造により申請期間が異なり、場合によっては事前審査が必要な場合もあります。
見積もり・確認申請

ステップ8) 工事契約



施工業者が決まれば、

施工業者と工事請負契約をしてもらいます。

ここから、実際に家の建設が始まります。

設計した家が徐々に形となって現れる

楽しい時間が始まります。
工事契約

※工事費の支払い時期は一般的には通常、着工時、上棟時、竣工時と分かれます。
詳しくは契約前に支払い条件を決めます。

ステップ9) 地鎮祭 / 着工 / 工事



いよいよ工事が始まります。

まずは地鎮祭を行います。

その後、順調にいけば工事は基礎工事、棟上、下地工事、仕上げ工事、最終仕上げ工事、外構工事の順で行われます。

工事期間中、設計事務所は現場監督と電話やFAX、メールでやり取りしながら、現場にも何度も足を運びます。

何回かお客様と現地で打合せも行います。

工事期間は住宅新築で6ヶ月程度です。
工事

ステップ10) 竣工検査 / お引渡し


ほぼ完成に近づいてきました。

この時点で、役所又は検査機関の完了検査があります。

その後、お客様と設計事務所と工務店とで、

竣工検査を行い建物の引渡しを行います。

思いと思い出がいっぱい詰まった家が完成し、

新居での生活が始まります。
竣工検査・引き渡し

一般的な住宅の大きさの場合、出会いから引渡しまで、大体1年半程度となります。

住まいの感想はオーナーズボイスのページをご覧ください。
→オーナーズボイスのページへ

専門的に、細かく書きすぎているかもしれませんが、これにあわせて、融資などのお金についても考える必要があります。
建築家と家を建てる、ということは普通のハウスメーカーなどと比べると手間が掛かりますが、その分楽しいという感想も多いです。
詳しくは事務所にて説明しています。相談は無料ですので、お問い合わせください。

相談についてはこちら