深井の家|外観写真 深井の家|外観写真 深井の家|内観写真 深井の家|内観写真 深井の家|内観写真 深井の家|内観写真 深井の家|内観写真 深井の家|内観写真 深井の家|内観写真 深井の家|内観写真 深井の家|内観写真
  • 深井の家|外観写真
  • 深井の家|外観写真
  • 深井の家|内観写真
  • 深井の家|内観写真
  • 深井の家|内観写真
  • 深井の家|内観写真
  • 深井の家|内観写真
  • 深井の家|内観写真
  • 深井の家|内観写真
  • 深井の家|内観写真
  • 深井の家|内観写真

深井の家

狭小敷地で、近隣には2階建ての家しかない状況で、2世帯を実現するのは一見すると無理がありそうでしたが、ちょっとしたスペースを工夫することで、2世帯が実現できそうということで計画が前に進み始めました。
まずは、道路斜線などを考慮して、各階の天井高さをおさえる必要がありました。 その分、各スペースがすごく狭く感じられる恐れがあったのですが、外部吹き抜けをあえて家のど真ん中に配置することで、視線の抜けや光を取り入れ、広さを感じられるように工夫しました。
共有のLDKは、一体となった大きなスペースをつくるか、外部吹抜けを中央に配置して、部屋を分けるか、迷いました。話し合いやプランは2転3転しましたが、最終的には、外部吹抜けを中央に配置するプランに落ち着きました。
各エリアは1階が親世帯、2階が2世帯共有のエリア、3階が子世帯、というエリアわけになっています。ちょうど3階という階層分けができたことが、各エリアのプライバシーとつながりをうまく構成したことになります。
外部吹き抜けが各世帯の気配を感じさせます。
縦の広がりをうまく使うことで、一般的には1世帯分の床面積に近い広さにもかかわらず、少し余裕の感(各世帯それぞれと共有のリビングや、水まわりも2箇所)もある2世帯住宅が実現しました。
深井の家

用途:小さな2世帯住宅
家族構成:親世帯2人、夫婦2人子供2人
構法:木造3階建て
場所:大阪府堺市
敷地面積: 73.90㎡(22.4坪)
建築面積: 40.06㎡(12.1坪)
延床面積:117.5㎡(35.61坪)
poject info
Location: Kouchi, Japan
principle use: two family house+office
site area: 461.0m2
total floor area: 159.6m2
project team: fujiwarramuro architects