四万十の家|外観写真 四万十の家|外観写真 四万十の家|内観写真 四万十の家|内観写真 四万十の家|内観写真 四万十の家|内観写真 四万十の家|内観写真 四万十の家|内観写真 四万十の家|内観写真 四万十の家|内観写真
  • 四万十の家|外観写真
  • 四万十の家|外観写真
  • 四万十の家|内観写真
  • 四万十の家|内観写真
  • 四万十の家|内観写真
  • 四万十の家|内観写真
  • 四万十の家|内観写真
  • 四万十の家|内観写真
  • 四万十の家|内観写真
  • 四万十の家|内観写真

四万十の家

建築主のY様が探していた土地は、高台。
候補として、分譲地の幾つかが気になっているとのことで、一緒に見に行きました。
検討の結果、南向きの敷地と、1mの段差がある北側の敷地の、2区画の連続する敷地を購入することになりました。
Y様の希望は、2世帯住宅+オフィス。
オフィス、親世帯、子世帯それぞれに適度な距離感が欲しい、風通しが良い明るい家にしたい、というリクエストでした。
そこで、親世帯と子世帯+オフィスの間に、2つの中庭を設けて、プライバシーと南からの採光を確保。屋根を連続してつなげることで、一体感もある建物を提案しました。
建物内部の玄関は共有とし、玄関から、親世帯と子世帯に、動線が分かれます。玄関横に和室を設け、くつろぐスペースや客間として使えるようにしています。

建物北側には、親世帯のエリアと、洗面、浴室、WCがあります。建物中央部分には、子世帯のダイニングとキッチン、和室があり、各世帯が集まって食事などができるようになっています。子世帯のエリアの真ん中にも中庭があり、光と風を導き、犬が放し飼いに出来るスペースになっています。
中庭は土間にして、鉢植えの植栽を植えていく予定です。中庭と連続的に子供部屋があり、
1~2年後にはお子さんが巣立っていく予定で、その後は趣味の部屋として利用を考えています。建物の南側には、寝室、リビング、オフィスがあります。
将来、家族構成が少なくなった場合、オフィスを使用しなくなった時に、南側の敷地を貸したり、切り離したりすることも想定しています。
連続する屋根と、段差のある敷地が相まって、天井高さに変化をもたらし、それぞれのエリアに空間の抑揚が感じられることを考えました。
四万十の2世帯住宅

場所:高知県四万十市
敷地面積: 461.0㎡  (139.4坪)
建築面積: 159.6㎡  (48.2坪)
延床面積: 155.8㎡  (47.1坪)
poject info
Location: Kouchi, Japan
principle use: two family house+office
site area: 461.0m2
total floor area: 159.6m2
project team: fujiwarramuro architects