お便り

奈良:片流れが2つある家 住まい後の感想

住まい後の感想を送っていただきました。
そのなかでも、少し経年変化について書かれていたことがありましたので、折角なので掲載しておきます。写真も建築主の方が撮影されています。

奈良香芝の家


壁紙
・子供たちが汚れた手で触ると黒ずんだ手あかが移りますが、硬く絞ったもので拭くときれいに落ちます。
・ぶつかったりしてできた傷はあちこちありますが、張り替えなどメンテナンスするはずなので気にしていません。
フローリング
・水撥ねなどでシミができますが、硬く絞ったもので拭けば取れます。
・ごくたまに硬いものを落とすこともありますが傷はできません。

 

奈良の香芝の家


シーリングファン
・増築の際に寒さ対策として設置しましたが、有るのと無いのとでここまで差が出るとは思いませんでした。

奈良香芝の家 (3)

家具や建具の無垢材
・当初は、コップの輪ジミや食べ物の汚れなど気にしていましたが、多少の汚れなら拭けば消えるし、そもそも気にしなければすぐに忘れてしまいます。逆にそれも経年変化と捉えればよい風合いに見えますので、要は考え方次第ですね。エイジングを楽しんでいます。

 

薪ストーブ

・最高です。薪を運んで、薪割をして、火を焚く、これで都合3回も体が温かくなります。ストーブの前で飲むウイスキーの美味いこと!


窓のサッシ
・アルミのサッシについては木製にするとか、色を変えるとか、もっと真剣に考えればよかったと思っています。

 

奈良香芝の家 (2)

外構/植栽

・設計の初期段階から植物を中心に考えても良かったと思っています。まさかここまで植物にはまるとは思いもしませんでした。