お便り

大阪:上本町の家

こちらで設計していただいた家に住み始めて早一年半が過ぎました。
高いデザイン性のみならず、快適性も高い次元で満たされており、大変満足しております。

大阪の狭小住宅の外観

もともと建築を見るのが好きで、建築家に設計してもらう「世界に一つの家」に憧れがありましたが、夫婦の勤務地との関係で絞り込んだ建設予定地は将来的に地震の発生が懸念される地域にあったため、当初は後ろ髪を引かれつつハウスメーカーによる鉄筋建築を考えていました。しかし、ハウスメーカーから提案されるプランはどれもデザイン的に惹きつけられるところがなく、悩んだ末に、妻が偶然雑誌で見つけた物件の設計を担当されていたこちらの事務所のホームページを拝見し、一度、相談してみることにしました。

相談に至った上記の経緯や、高層マンションの建設が近隣で相次ぐ土地柄、家族の生活スタイル、採光・風通しなどの希望をお伝えしたところ、最初の打合せからとても魅力的なデザインのプランを複数提示いただきました。また、木造建築ながら懸念点であった耐震性にも配慮した設計となっていることを分かりやすくご説明いただけたので、こちらでお願いすることを決めるのは難しいことではありませんでした。

ここからは主に藤原様と大西様にご担当いただきましたが、複数のプランから気に入ったものを選んだ上で、徐々に細かい作り込みに入っていきました。その際、素人の希望にも丁寧に耳を傾け、対応できる部分については様々な代替案を示していただきましたし、全体デザインとの関係で重要な部分については、その意図を説明され「ここはそのままにしましょう」と仕分けていただいたので、非常に進めやすかったです。公私ともに慌ただしい時期でしたが、作っていただいた模型を眺めたり、他の物件の写真を見せてもらったりしながらイメージを膨らませ、「世界に一つの家」について考える作業は本当に楽しい時間でした。予算的な制約もある中でどのように折り合いをつけるか、壁の材料や色をどうするかなど、なかなか細かいことを決めきれない私達夫婦に時間をかけて付き合っていただいた先生方には感謝しかありません。また、家具や前庭など、ご紹介いただく業者の皆様も素晴らしい方々ばかりで、想像を遥かに超えて満足のいく仕上がりとなりました。

すっきりとした前景と前庭は特にお気に入りです。夜になるとライトアップされて、きれいに浮かび上がり、帰宅した我々を温かく迎え入れてくれます。また、実際住んでみますと、家族が一緒に過ごす2階がとても快適です。壁一面が本棚になっているワークスペースからダイニング、キッチン、リビングまで、フレームで仕切られつつも繋がっており、常に家族の気配を感じながら過ごせますし、高い天井の解放感が素晴らしいです。前後の大きい窓と横のスリット窓から取り込む自然光で昼間はとても明るく、夜間は間接照明だけにするとゆったり心地よい空間に変身します。前後の窓は開きませんが、暑い日にはロールカーテンで熱を防げますし、多くのスリット窓とサンルームの吹き抜けにより、風通しも十分確保されています。作り付けの木製家具は、温かみのある仕上がりで、スペースにきれいに納まって使い勝手もいいです。本当によく考えられているものだと改めて感じます。

 

今「世界に一つの家」に実際に住まう幸せを感じながら、つくづくこちらに依頼させていただいてよかったと思います。これからも大切に維持していきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。