スロープの家 Slope House

大阪の旗竿敷地に建つ住まい。敷地外には建物が密集している。

 設計開始時、南面以外の敷地は、更地の旗竿分譲地であった。さらに、敷地は旗竿敷地ということもあり、建物が密集して建ち並ぶことが考えられた。
 このような悪条件の敷地でも、“おおきなところで漂ってみる“といったイメージをすると、この敷地も楽しく考えることができそうだ。旗部分に確保できるひとまとまりの空間の中、家族がそれぞれ好きな場所で、水槽の中の金魚のように“ただよう”ように過ごせないか。

 この建物は、1階にあたる部分から2階を経由して屋上まで、約1周半(約25メートル)のスロープを介して、それぞれが点在して住む。木造のスロープとスパイラル状のフロア、それらを支える柱があいまって、ずれながらも一体となった、あいまいな領域と広がり感のある、住まいを実現した。

スロープの家
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子供2人
場所 大阪府堺市
敷地面積 94.18m²(28.49坪)
建築面積 63.73m²(19.28坪)
延床面積 131.92m²(39.91坪)
構造 鉄骨造
階数 地上2階
竣工年 2010年
写真撮影 矢野紀行(矢野紀行写真事務所)

出版/受賞

2014年 01月
第2回家づくり大賞 審査員特別賞
2012年 09月
素住-SUSU-2012 no.14木や花、緑に囲まれる家
2009年 08月
建築人8月号

This residential project is built on a flag-shaped site in Osaka surrounded by densely packed buildings.
Even when faced with these challenging site conditions, we felt that it would be possible to come up with an interesting design solution based on a structure that appears to “float” in a large, open space.
By ensuring a continuous sense of spatial circulation through the flag-shaped portion of the site, the inhabitants of the house are able to “drift” through their favorite spaces like goldfish in a bowl.
The sloping structure that extends from the first floor through the second and up until the roof ? covering a length of some 25 meters over approximately one-and-a-half revolutions ? allows the family members to distribute themselves across its entire length, each occupying a different section of the building. Several beams offer structural support for the wooden slope and spiral-shaped floors of the building, creating a residential space made up of ambiguously demarcated domains that are staggered apart yet also integrated with each other, thereby achieving a sense of breadth and openness.

Slope House
Use residence
Family a couple with two children
Location Osaka Pref.
Site Area 94.18 sqmt
Building Area 63.73 sqmt
Total Floor Area 131.92 sqmt
Structure steel
Stories 2
Year 2010
Photographer Toshiyuki Yano (Toshiyuki Yano Photography)

Publishing / Award

January 2014
house award
September 2012
SUSU
August 2009
kentikujin