阿倍野の家 House in Abeno

場所は大阪市内の街中の住宅地、交通の利便性の良いところです。

計画地は広い道路と狭い道路の2つの道に挟まれた敷地で、どちらの道も利用できるという特徴がありました。

その2つの道路を結ぶ路地空間というものを家の中につくり、家を通り抜けて2つの道を行き来できる流れを作り、動きに自由さのあるプランを考えました。

大阪の街中は外部からの視線を抑え込みながら、どうやって外部と繋がり感のある開放性を作るかが難しいところです。

阿倍野の家は、路地空間を設けることによって、外のようでもある内部空間を配置して、各用途の部屋が外部とつながっているような感じを作り出し、開放感を得ようと計画しました。

建物の正面である広い道路から家の路地空間に入り、裏側となる細い道路へとおり抜けることができます。また路地空間にあるベンチなどに座って過ごすこともできます。

1階は子供部屋と寝室が路地空間を挟むように配置され、部屋から路地空間への繋がりは、なんとなく外の路地に向かって開放的に開けているような感じがするのかと思っています。

路地空間の上部の2階床はルーバー状になっておりトップライトからの光が入り、1階土間に影を落とします。

2階に上がると浮遊感のあるルーバー状の床に足を踏み入れます。そのルーバー床の空間は外部デッキスペースのようなイメージがあり、外でくつろいでいるかのように過ごすことができます。

2階は、ルーバー状の空間をとり囲むようにLDK、浴室などがあり、ルーバー状の床が各々の場所同士の程よい距離感を作っていると思います。

路地空間により上下階を立体的につながり、家族間の気配を程よく感じることができる家となっています。

阿倍野の家
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子供2人
場所 大阪府大阪市
敷地面積 114.57m²(34.66坪)
建築面積 65.22m²(19.73坪)
延床面積 128.78m²(38.96坪)
構造 木造
階数 地上2階
竣工年 2020年
写真撮影 平桂弥(studioREM)

Conveniently located in a residential neighborhood in downtown Osaka, this lot sits between a wide street and a narrow one, with access to both. The design features an alley-like space running through the house and connecting the two streets, which brings flow and freedom of movement into the plan.

A key challenge for residential architecture in central Osaka is how to ensure privacy while creating a sense of openness and connection to the outside world. In this project, the alley-like space is an interior area that feels like it is outside, which makes the various rooms in the house also feel more open and connected to the outside world. Residents and visitors can enter the “alley” from the front of the building, which faces the larger street, and follow it out to the narrow back street. Benches in the “alley” offer a place to spend time.

On the first floor, children’s and master bedrooms are arranged on either side of the “alley,” creating a subtle sense that they are open to an exterior street. The floor of the second story forms the louvered roof of the “alley,” letting in light from the skylights above and casting shadows on the doma, a cement-floored area inside the front door.

Upstairs, the louvered floor seems to float between the rooms. The space is similar in atmosphere to an exterior deck where residents can relax as if they were outside. The louvered floor also creates a comfortable sense of distance between the living-dining-kitchen area, bathroom, and other rooms that surrounds it. Overall, the “alley” three-dimensionally links the two floors, allowing the residents to feel connected even when they are in different parts of the house.

House in Abeno
Use residence
Family a couple with two children
Location Osaka Pref.
Site Area 114.57 sqmt
Building Area 65.22 sqmt
Total Floor Area 128.78 sqmt
Structure wooden
Stories 2
Year 2020
Photographer Katsuya Taira (Studio REM)