姫路の家 House in Himeji

坂道を登っていくと、四角い建物に四角い穴が空いている建物が現れる。
建築主の希望は、敷地を生かして南西の方角の山が広がる景色を見たい、卓球ができるスペースがほしいということであった。
建物を通して景色の楽しみはより広がる。
ひとつだけある四角い穴に切り取られた景色や光が、内部の多様な居場所と響き合う空間を考えた。
1階の各部屋には上部から柔らかな光がもたらされる。中庭は、木格子からの木漏れ日が差し込む。
2階の奥側のダイニング・キッチンからは、四角い窓に切り取られた景色が楽しめる。
リビングではゆったりとした雰囲気で、広がりある景色が広がる。
建物前方の2つのエリアはそれぞれ高さが異なり、視点を変えた景色が展開していく。

姫路の家 依頼から完成まで

家造りのスタート時点では、景色を楽しむ住まいではなかったことに気づきました。
最初電話があり、急遽事務所にて会うことになりました。住宅に囲まれた広めの敷地を購入しようか迷っている、という相談。面白い敷地ではあるものの、住まい方や予算を聞いていると、特に外部を使うつもりもないとのことで、外構に関わる予算も掛かりそう。他の候補もあったが、少し土地の造成にかかる予算が超過しそうで、敷地を再考することをおすすめして、その日の相談は終わりました。

その後、何度か連絡があり、エリアを少し広げたり変更したりしながら、幾つも敷地を見に行きました。
候補ではないが一応みてもらいたい、という長‎年売れ残っていた土地を検討すると、意外にも良い敷地で、予算におさまる敷地。買付しようというタイミングで他の方に売れてしまう。その後、予算に合う敷地がありつつも、今ひとつインパクトに欠けるなか、出てきたの今回の敷地。平坦でありながら眺望も望める。古家に入って2階から見える眺望は、木がありしっかり見えないがおそらくいい予感。
地盤がわからず予算がタイトだったが、建築主の思いが勝り購入することに。
検討には時間を要した。景色を望むだけでなく、外観のインパクトも必要。
事務所で打合せしたり、ときには姫路で打ち合わせしたり。
姫路はゆったりとした個人の喫茶店が多く、姫路の喫茶店をめぐりながら、何度か打合せしたのが思い出されます。

姫路の家
用途 専用住宅
家族構成 夫婦
場所 兵庫県姫路市
敷地面積 230.52m²(69.73坪)
建築面積 54.94m²(16.62坪)
延床面積 97.64m²(29.54坪)
構造 木造
階数 地上2階
竣工年 2020年
写真撮影 平桂弥(studioREM)

出版/受賞

2021年 01月
CONFORT No.177