藤原 慎太郎 | shintaro fujiwara


略歴:
1974年
大阪生まれ
1997年
近畿大学理工学部建築学科卒業
1999年
近畿大学大学院工学科建築科卒業
2002年
藤原・室 建築設計事務所設立
2002年~
大阪を拠点に、主に関西・四国にて平屋から狭小住宅まで様々な住宅設計を多数実施。 また、東京や大阪などにて店舗・オフィス・クリニックの設計も実施。

血液型:O型 趣味:まち歩き
建築家を目指した理由:子供のころから様々な建築に触れ、内部空間の面白さに興味があったから。

藤原 慎太郎


「らしさ」を大切にした建築

沢山のものを見て選ぶことができる時代になってきた、と感じています。
小奇麗で、まとまっているものも数多くあります。 とはいえ、購入して気づくことは、自分の好きなものと、自分に合うものが少しずれていると感じることが多く、 こういったものがあればと想像してみたものは、意外とないのです。
建築デザインもそのような面が、多分にあるのではないかと思います。 建築主の方が希望するものがありながらも、そこには敷地をはじめ動かせない条件が、 思いの他、沢山あるものです。希望をまとめるだけではなく、 住宅や店舗、オフィスなど、その場所を使う人たちに、ちょうど合った空間デザインを探り出し、 想像し、提案していきたいと考えています。 そうやって設計し、生まれてきたものは、他に代えがたいものとなり、愛着をもって使ってもらえるのではないかと考えています。





室 喜夫 | yoshio muro


略歴:
1974年
愛知県名古屋生まれ
1999年
近畿大学理工学部建築学科卒業
2002年
藤原・室 建築設計事務所設立
2002年~
大阪を拠点に、主に関西・四国にて平屋から狭小住宅まで様々な住宅設計を多数実施。 また、東京や大阪などにて店舗・オフィス・クリニックの設計も実施。

血液型:O型 趣味:サイクリング
建築家を目指した理由:ゆっくりとくつろげる空間、穏やかな空間というものが学生時代から好きだったから。

室 喜夫


楽しさを散りばめた小さな宝石箱のような建築

自動車や家電製品、衣服と比べると建築というものはとても長く付き合うものです。 そのため、建築、特に住宅設計などではライフスタイルの変化に耐えられる設計が必要です。 一分の隙も無い合理的な空間というのは、その前提が変化してしまうと途端に 不便なものとなってしまうのです。 そこで私はさまざまな「遊び」を散りばめた空間を提案しています。 ここでいう「遊び」とは使い方を限定しない曖昧模糊とした空間的な仕掛けです。 それは、例えば廊下のような読書空間、本棚のような階段、階段のようなリビングスペースなど。 それらは一見不合理のように見えますが、そういった仕掛けこそが空間の豊かさを創出し、ライフスタイルの変化にも耐えられる深みのある空間を作ると考えています。 住み手の発想次第でさまざまな使い方が見つかる、そういった発見が新しいライフスタイルを住み手に喚起させる。そういったいつまでも飽きない「人生の舞台」としての 空間を提案できることを目指しています。

■ 相談について

初回の相談は、事務所にて無料で行っています。



事務所にはギャラリーを併設していますので、お休みの時や、何かのついでにでも、事務所に来ていただければと思います。
ギャラリーには大きな写真や模型を展示していますので、いままでどのような建物を手掛けたかなど、知っていただく機会にもなるかと思います。
まずはメール又は電話で、来店予約の方いただければ幸いです。


TEL:
06-6761-5577
MAIL:
fujiwaramuro@aplan.jp
TIME:
10:30 - 20:00 祝休み
計画敷地への同行も無料で実施しております。ただし、遠方の場合は別途ご相談とさせてください。各地での実績は、以下の通りです。

実績地:兵庫県、奈良県、京都府、三重県の関西をはじめ、福井県、和歌山県、四国(香川県、愛媛県、徳島県、高知県)、愛知県、石川県、長野県、長崎県、佐賀県、鹿児島県、東京都、広島県

打合せ風景