日々のこと

大阪:貝塚のガレージハウス

大阪:貝塚のガレージハウス 鉄筋コンクリート完成

大阪:貝塚の家

鉄筋コンクリートの型枠がはずれました。

写真はトレーニングルームから中庭を見たところになります。

1階は明暗のある空間デザイン。暗がりも感じられる良い雰囲気になりそうです。

コンクリートが硬化して、しっかりと艶が出ていて、打ち放しとしては綺麗な部類に入るとおもいます。

この打ち放しを極力隠さないでそのまま生かしたいと思ってしまいます。

大阪:貝塚のガレージハウス 配筋検査

大阪:貝塚のガレージハウス 配筋検査がありました。

2階の床面のスラブ配筋が終了段階にきています。

構造の専門家による配筋検査を行いました。

一部不明な点等は質疑などして、調整しつつ進めていきます。

コンクリート打設まで各種調整は続きます。

大阪:貝塚の家 RC鉄筋コンクリート配筋状況確認

大阪:貝塚の家 RC鉄筋コンクリート配筋状況確認を進めていきました。

施主さんが工務店で監督さんでもあるので、一緒に電気コンセントの位置を一つ一つ確認。

進め方が特殊な現場ですが、徐々にお互いに慣れてきているような気がします。

大阪:貝塚の家 工事打合

大阪:貝塚の家 工事打合せ

大阪:貝塚の家 

工事打合せを行いました。

今回は、現場近くの建築主さんの会社にて。

施主兼現場監督、コンクリート工事の会社、特注サッシ会社、既製サッシ会社、大工さん

といったメンバーで意見交換をしていきました。

図面通り進めれないところも実際はいろいろあるので、各種調整をしながら進めていきます。

大阪:貝塚の家 地縄と教育委員会

大阪:貝塚の家敷地で打合

大阪:貝塚の家 

先日、現地にて地縄を確認しました。

今回は現場監督や工事を、建築主の方自らが行うという珍しいパターン。

建物周囲をどうするかとかも含めて、皆で打合せ。

図面通り進まないところを調整していきました。

途中、教育委員会の方が来て、埋蔵文化財の調査も。

黒い少し下の地層になにかあれば、埋蔵されているということらしいです。

掘削して、確認してもらいましたが、特に何もなかったので、工事は予定通り進んでいくことになります。

大阪:貝塚の家 ショールームへ

タイルのショールームへ

大阪:貝塚の家

タイルのショールームへ

外壁の2カ所にタイルを使います。

そのタイルの小さなサンプルは見ていたのですが、最終決定するにあたって、ショールームへ行ってきました。

2種類のタイルの内、1種類は決まりつつも、、、色々見ると気になるものも出てきて、結局数パターン検討することになりました。