日々のこと

奈良:京終の家

奈良:京終の家 模型

奈良京終の家 模型

奈良:京終の家

模型を作成してみました。

最近CGを使うことが多いのですが、今回は模型を作成してみました。

暗かったり、狭かったり、ザラッとしてたりという希望があります。

シンプルな中にも、多くの無駄とも思える空間が散りばめてあり、喜んでいただけたようです。

大きく前に進むことになりそうです。

奈良:京終の家 再開

奈良京終駅

奈良:京終の家 建主さんの都合で、計画を一旦中止していたのですが、再開することに。

久しぶりに京終駅に。

駅にカフェなども出来て、イメージが随分と変わっていました。

奈良:京終の家 建物解体

奈良京終の解体後

奈良:京終の家

建物の解体が終了しました。

建築主の方のお知り合いが解体してくれるという事で、解体をしてもらっていました。

予定より少し遅れて解体が終了したということで、現場を見に行ってきました。

古家や塀に囲われていた敷地の全貌が表れてきました。

敷地が複雑で両サイドの道路の高さが違い、敷地にも高低差が複数あり、擁壁のような基礎も一部残っている状態です。

それによって再度検討する必要がある部分が、ちらほらと。

まだ、検討に時間が掛かりそうです。

奈良:京終の家 モルタルについて

モルタルの質感

奈良:京終の家 

今回はモルタル仕上げを家の内部に使いたい、という希望です。

施工の方にモルタルのサンプルを作ってもらい、仕上がり感を確認しているところです。

建築主の方は、仕事とは関係なく建築を見るのが好きな方で、休日には東京まで建築の展覧会に行ったり、海外まで建築を見に行ったりするほど、建築好きとのこと。

少し特殊なデザインや仕上げも理解していただけそうなので、いろいろな提案が出来そうです。

奈良:京終の家 現地打合せ

敷地調査

奈良:京終の家 現地打合せをしてきました。

既存の古家を解体してから、工事を進める必要があります。

古家は母屋とつながっているので、現在の古家を解体した後のドアや壁をどうするのか?

それ以外にも、電気、ガス、水道、をどうするのか?

今ある塀を一部利用するけれど、どこまで残しておくのか?

などなど、それ以外にも沢山の課題がありました。

解体しないとわからない部分もありますが、そいったことも皆で共有できた有意義な打合せでした。

奈良:京終の家 リビングの様子

s-奈良の京終の検討 (1)

奈良:京終の家 リビングの様子です。

今回は、家の内部は一般的な家に比べて暗めで、落ち着きのある雰囲気を希望されています。

屋根をスリット状に切ったところから、光が入る住まいを提案しました。

水盤を設置することも希望としてあります。

水盤と光が呼応するような空間になるよう、検討を進めています。

奈良:京終の家 敷地

京終の家

奈良:京終の家 少し前になりますが、敷地を見に行きました。

敷地前の道路は将来的には、交通量が多くなるような道路だそうです。

敷地には微妙な段差や角度があります。

周囲から家の中が見えないようにしてほしい

という希望です。