日々のこと

奈良:生駒北の平屋

奈良:生駒北の家 施主検査

ひとまず工事完了後に、施主さんと仕上がり状況を見てまわります。

目に見える汚れとか、建具の開閉状況とか、工事中に入ったキズなどないか、みんなで見て回ります。

いつもお願いしている工務店の社長さんは、いつも子供の相手をしてくれます。

土地決定、計画から竣工までと、いろいろ長い工程も、そろそろ終わりに近づきました。

奈良:生駒北の家 製作キッチン


キッチンとそれにつながるテーブル、そしてキッチンバックの収納を家具で製作してもらいました。

木の様子を統一して、すべて図面を起こして工場で製作されたものが設置されます。

設置された後、全体の内装に合わせて、現場で塗装してゆきます。

手間のかかる工事となるのですが、やはり出来上がると、建築となじんだキッチンができあがります。

奈良:生駒北の家 大きなガラス搬入

大きなガラス窓の設置工事がありました。

大きなガラス3枚。とても大がかりで神経つかう工事です。

クレーンを使って搬入し、大人数で設置作業をします。

無事に搬入し設置することができました。

また設置後の状況をお伝えします。

そろそろ足場も解体されます。

奈良:生駒北の家 現場打合せ

建て方工事が完了すると、いろいろとお施主さんと現場打合せすることが多くなります。

お子さんもいることも多く、子供の世話をしながら現場打合せということで、お施主さんも大変だと思います。

現場監督さんも合間に子供さんの相手しながら打合せです。

なにかと、みんなで協力しあって現場打合せしています。

奈良:生駒北の家 建て方工事

建て方工事は柱、梁などが組み立てられる工事です。

一日で立ち上がるので、お施主さんは速さにびっくりされます。

実はこの建て方工事の日までには、図面作成、構造検討、工場での部材加工と長い期間を経ています。

この建て方工事はいつも見ていて楽しい場面でもあります。

これから現場打合せが忙しくなってきます。