日々のこと

愛知:刈谷の家

愛知県:刈谷の家 色確認

工事もそろそろ、終盤に入っています。

外壁の色確認を行いました。

グレー色の、濃淡の2種類で、どちらにするか検討中です。

色決めすることも、これを決めればほぼ終了です。

8末引き渡しに向けて進んでいます。

愛知県:刈谷の家 ガラス設置工事

特注製作の窓ガラスの設置工事は、多くの人出が必要です。

クレーンでガラスを釣り上げ、位置を調整しながら設置します。

この設置工事に至るまでに、外壁の防水納まり、水切り、ガラス押え形状の検討、全体の見え方の確認などを行います。なかなか手間のかかる工程です。

でも既製品では表現できない開口部の綺麗な納まりを作ることができます。

愛知県:刈谷の家 続現地打合せ

現場は屋根工事に入ってきました。

アスファルトシングル葺きが屋根から壁へと繋がるかたちで貼られてゆきます。

諸々の打合せ内容も大体決まり、今は家具関係をどうしようか、ソファーをどのようなものにしようかという話になってきています。

ソファーはいつもどうしようか悩むことが多く、今回も特注で作ろうかということになってきています。

愛知県:刈谷の家 現地打合せ

内部工事に入り、仕上げ関係の確認を建築主さんとしています。

図面で決定していることも、大事な仕上げ部分はこのまま進んでよいかをもう一度素材や色を見てもらって工事を進めていきます。

だんだんと家具についての話になり、ロフトに上がる階段形状の話にもなり、少し変更を加えていくことになりました。


良い方向に進みそうであれば、現場でも改良の検討していきたいと思っています。

愛知県:刈谷の家 開口部

大工工事が進んでいます。

今回は監督さんが大工さんもしていただいているので、話が早いです。

開口部から見えるお庭がよい雰囲気です。

作りこんでいる庭ではないのですが、長い年月を経て、自然な流れで出来上がっている風景がいいです。

夜少しライトアップしようかという事になりました。

愛知県:刈谷の家 上棟

上棟式が行われました。

御幣に供え物をし、建物の隅にお塩、御酒、お米でお祓いをし、棟梁が構造体を木槌で打ち、建て方が無事終了したことを示し、御幣にお参りするといったことが、上棟式です。

御幣には大きな鯛がお供えされていました。

愛知県:刈谷の家 配筋検査

配筋検査を行いました。

だんだんと建物の大きさが想像しやすくなってきます。

建物の配置計画から床レベル検討などを終え工事となるのですが、総合的に良いところはどこかを考えるのは結構時間がかかるものです。

いいバランスで出来たと思います。これからコンクリート工事がはじまり、来月末日に上棟といった予定で進んでいます。

愛知県:刈谷の家 地鎮祭

地鎮祭が行われました。

今回は、工務店の方、神社の宮司さんで設営。

敷地からの土で築山を盛り、地面に生えている草を引き抜いて、それを差していました。

地鎮祭のかたちも細かいところで、いつも違いがあります。

今回はみんなで作り上げている地鎮祭という感じが良かったです。

今年から早々工事開始です。