日々のこと

大阪:豊中のガレージハウス 斜めの壁


2階のリビング、サンルームに面する斜めに傾いた大壁が、だんだんと見えてきました。

この家の特徴の一つでもあります。

傾いた壁の上部から光が入り込み、壁を照らします。

傾いた壁を背もたれとしたベンチが壁の端から端まで設置されます。

少しずつ現実に現れていく様子をまた報告していきたいと思っています。

大阪 堺市西区の家を公開しました

大阪 堺市西区の家を公開しました
 
敷地は狭小間口、奥行きの深い形状でした。

敷地境界線から外壁面を1メートル離さないといけないという法規条件が、細長い敷地において今回プランするにあたり難しいところです。

外壁周りにぐるりと軒裏空間を作り、玄関へと導くアプローチとしたり、デッキ部分で過ごせるようにしたり、また植栽を置いたりできるエリアを計画しました。

吹き抜けに面する2階の書斎や子供部屋の窓越しに見えるサンルームは、見上げると空が眺められ、また窓から外を見ているように感じられればと思っています。

 

大阪:豊中のガレージハウス 中間検査

大阪:豊中のガレージハウス 中間検査を行いました。

通常、上棟後すぐに建物が申請通りの建てられているかの検査が入ります。

今回は構造に問題がないか、また、建物の位置や高さが正しいかなどがチェック項目となります。

問題なく検査が終了したのでここから現場がさらにあわただしくなります。

次回検査が入るのは完了時となります。

 

大阪:豊中のガレージハウス 上棟式

最近、上棟式は地鎮祭とくらべると、行わなくなることも増えてきた感じがします。

また、軽く上棟式しましょう、ということも多くなりました。

軽い上棟式とは一体何か?ということになるのですが、、時間的には5分から10分、建物の四方のお清めと、御幣に礼をする、という程度となるかと思います。

少し、これから工事していただく大工さんと顔合わせ等々をして、そのながれでお施主さんと現場で工事打合せが始まるといったとこがいつもの感じです。

今回もそんな感じでした。

東京 町田の家 ホームページに掲載しました

東京 町田の家をホームページに掲載しました。

景色の良い候補地をみてゆくなか、この町田の山手の敷地に決まりました。

この敷地は高台ということから、とても景色の楽しめる立地でした。どのようにその景色を取り込んだような建築を提案してゆくか、考えました。

いろいろな方向からの光、隙間から覗く景色とともに日常を過ごすことができるといいのかなと内部の様子をまとめるに従い、外観が形成されました。

壁の切れ間から除く景色、入り込む光を検討し、まばらな壁がまとわりつくような外観デザインとなりました。