日々のこと

大阪:西田辺の家 現場の様子

工事中の現場の様子は、どこの工務店さんも大きな違いはないのですが、細かいところで特徴があります。

通常、監督さんと主に私たちは工事中打合せを行うのですが、大工さんともよくしゃべることになる現場や、ほとんど大工さんとしゃべることがない現場もあります。まあ大工さんの性格もあるかもしれませんが。

また、工事現場が非常にきれいな現場とか、ちょっと散らばっている現場等々。

ただ、そんな状況によっていいか、悪いかという感じでもなく、工務店の特徴かなあと思っています。

この現場は、綺麗に描かれた施工図が、ところどころに貼ってあり、ふと現場で話し合いするときに便利な感じになっています。

大阪:西田辺の家 現場打合せ

大阪;西田辺の家が躯体が立ち上がったのでお施主様と現場で打合せを行いました。

床のレベルがたくさんあり柱や梁などの躯体のみの状態なのでジャングルジムのようにお子様が歩き回って楽しそうでした。

打合せが終わるころには現場監督さんとお子様がとても仲良くなっていました。

これからは現場での打合せが多くなっていきます。

大阪:西田辺の家 建て方

大阪:西田辺の家の棟上げを行っています。

今回、室内の床のレベルが中央の階段に合わせて部屋ごとに違うので棟上げがとても難しい建物です。

部材の数量が同じ規模くらいの普通の住宅よりもかなり多く、建て方中もどの部材がどこのものなのか職人さんたちは苦戦しながらも着々と進めていました。

複雑な分、建て方が終わったときにあらわれてくる形状がとても楽しみです。

兵庫:塚口のサンルームの家 基礎工事

基礎工事が終わりました。

今回代わっているところが、コンクリートのキッチンにするということで建物の基礎と一体で打設しました。

この状態で見ていると基礎とキッチンだけがある不思議な状況となっています。

工事はすぐにこれから棟上げへと移っていきます。

大阪:吹田のリノベーション 現場打合せ

大阪:吹田のリノベーション 現場打合せを行いました

今回は、内壁外壁ともピンクを軸に設定しています。

普段なかなか取り扱わない色ということもあり、なかなかニュアンスがそろいませんでしたが

やっと、こだわりのピンクで実現できそうな方向性が見えてきました。

 

大阪:吹田の事務所・住宅 上棟式

大阪:吹田の事務所・住宅 

上棟式と現場確認を行いました。

だいぶ形が現れてきてました。

 

木造だと1か月半で上棟するところを

RC造のこの物件は半年で上棟式となりました

構造によってスケジュールの流れが違うものだと実感します。

大阪:吹田のリノベーション 現場打合せ

大阪:吹田のリノベーション

内部の解体がひと段落ついたのでお施主様と打合せを行いました。

工程の進みが早いので打合せのタイミングが早くなります。

今回は電気関係のお話と解体の結果でプランに影響が出そうな部分を話し合いました。

また報告していきます。

大阪:吹田のリノベーション 解体

 

大阪:吹田のリノベーション の解体が進んでいます

リノベーションは解体して初めて分かることもあるため
現況把握のため解体途中の現地確認に向かいました

計画通り施工できそうかなどを状況を見ながら判断していきます。
一部天井高さが変わりそうなところなどはありますが概ね進められそうな感触でした。

また報告していきます。