日々のこと

受賞

ABBLEAFAWARDS トロフィー到着

ABBLEAFAWARDS


少し前ですが、LEAFAWARDSのトロフィー到着が到着しました。

海外からの発送でしたので、予定より大分と遅れての到着です。

正式には THE ABB LEAF Awards(リーフ賞) Best Residential Building Project – Single Occupancy 2019(個人住宅部門最優秀賞)という形での受賞となります。

海外での大きな賞を受賞したということもあるのか、この受賞の後、外国人の方からの依頼が連続して来ています。

海外からのインターンや就職希望も多々ありますが、日本語ができない方についてはお断りしている状況です。

The ABB LEAF Awards2019 (リーフ賞)受賞しました。

LEAF AWARDS fujiwaramuro

豊中の家が、THE ABB LEAF Awards(リーフ賞) Best Residential Building Project – Single Occupancy 2019(個人住宅部門最優秀賞)を受賞しました。

審査員は、Sir Peter Cook(イギリスの建築家)他が選定委員でした。
ショートリストの段階では、イギリスの建築事務所 Zaha Hadid ArchitectsやSteven Holl Architects、日本からは日建設計が他の部門にノミネートされているなど、世界の第一線で活躍している建築家が名を連ねている、世界の建築界では権威ある賞です。

今年はベルリンにて、ファイナリストとしてノミネートされた世界各国の建築家が集合し、その場で発表がありました。ノミネートされたものの、当日に行かないと結果がわからない、というのもなかなかの事です。

場所はベルリンのマリオットホテル。

LEAF AWARDS fujiwaramuro2

無事、スライドが映し出され、受賞することができました。

私達の提案を受け入れていただいた建築主のK様をはじめ、難しいディテールを綺麗に施工してくれた工務店、実務作業や応募をしてくれた事務所スタッフのおかげでこのような賞をいただくことが出来、皆様に感謝しています。

なかなか簡単に取ることが出来ない権威ある賞だそうで、これからもよりよい建築を、社会に提案していく励みとしていきたいと思います。

LEAF AWARDS fujiwaramuro2

リーフ賞とは(Wikipediaより)

世界の建築家コミュニティーにおいて次世代の基準となる作品を評価し、建築デザインの発展を目的とする国際建築賞。ヨーロッパ主要建築家フォーラム(Leading European Architects Forum、LEAF)の運営で、2004年に始まり、年に一度開催される。現在の正式名称は、スポンサーの名前を冠し、ABB・リーフ賞(英:ABB LEAF Awards)。


ABB LEAF AWARDS 2019

ABB LEAF AWARDS2019

「ABB LEAF AWARDS 2019」ショートリスト選出


建築デザインの発展を目的とする国際的に有名な建築賞、リーフ賞のショートリストに、豊中の家が選ばれています。

ショートリストには、ザハ・ハディドやスティーブン・ホールなど海外の有名な建築事務所が連なっています。

ABB LEAF AWARDS 2019」の「Best Residential Building Project – Single Occupancy」部門

FujiwaraMuro Architects was seleted to be part of the shortlist released by ABB LEAF AWARDS 2019.
 
Competing for 「Best Residential Building Project ? Single Occupancy」 category with “House in Toyonaka”, 
 the project is now one of the four projects that were selected to continue in the competition.

ひろしま住まいづくりコンクール授賞式















ひろしま住まいづくりコンクールの授賞式がありました。
広島県が主催ということもあって、県庁での開催。

しっかりとした雰囲気の中、授賞式が執り行われました。

社会的な提案に優れた建物が多く、勉強になります。

引き続き、広島での設計もあるので、これを励みに、より良い設計をしていきたいと思います。

広島:南区の家 ひろしま住まいづくりコンクール2016受賞

広島南区の家

広島:南区の家 ひろしま住まいづくりコンクール2016にて優秀賞を受賞しました。

2次審査は現地審査があり、建築主の方に待機していただいたりと、何かとお世話になりました。

終の住処ということで、小さな家でありながらも、他の方の参考となるような、広がりある提案、

ということが評価されたのかもしれません。

建築主の方に立ち会っていただいたので、入賞しただけでも、ほっとしたところもあります。 

大阪:河内長野の家 受賞しました。

mikkaichi12

大阪:河内長野の家が住まいの環境デザインアワードにて、大阪ガス賞を受賞しました。

建築主の方に受賞の報告をしたところ、

「時間をかけて打合せをしてきたことが評価されているようで大変嬉しく思います。改めて、いい家に住んでいるなと感じますね。」

と、うれしいコメントを頂きました。 ありがとうございます。

河内長野の家のページはこちらです。(藤原・室 建築設計事務所HPへ)