日々のこと

大阪:東大阪の家

東大阪の家 配筋検査

配筋工事が完了しました。コンクリートを打つ工事に先立ち、配筋確認をしました。

今回は面積も大きく、また壁がズレる様子が少々複雑です。

いつもお願いしている工務店さんでもあり、手慣れた感じで、綺麗に配筋も仕上がりました。

これからコンクリート工事、そして年内上棟までは余裕のある工程で進んでいるかと思います。

東大阪の家 地鎮祭

地鎮祭が行われました。

宮司さんは、クライアントのお知り合いである神社さんから来られました。

今回も、鍬入れの様子はしっかりしたものでした。

その後近隣のご挨拶をし、工事が始まります。

また報告していきます。

東大阪の家 CG検討

CGで全体のバランスの検討中です。

素材が多く入りすぎると、スッキリとしなくなりますが、それらをどこまで抑えていけるかを考え、バランスよくいけるかという点を考えています。

段々と落ち着いてきたと思っています。

東大阪の家 見積検討

木

見積が出て、調整もありながら最終的なデザイン検討をしている段階です。

予定では9月半ばから10月入る前に、工事へと入っていけるように進んでいます。

隣家との視線をかわしながら、空の景色が切り取られ、光がいろいろ入る様子を想像しています。

大阪:東大阪の家 実施設計

木

東大阪で計画中の住宅が実施設計に入っています。

寸法関係の調整はあるのですが、外観と内部のデザイン的な繋がりや光の入り方、視線の抜けなどの部分を詳細とともに、検討しているところです。

また床が沈んだ部分の過ごしやすさをじっくり考えたいと思いながら作業中です。

東大阪の家1年 訪問

CIMG8805

 お住まいになってほぼ1年が経ちました。

 まず玄関に入るとバイク置き場と手入れの場所です。

 1台バイクが増えていました。大きい。

 趣味が充実してるようでした。

 もっと棚を増やす予定のようです。

 1年が経過するといろいろと家の様子が分かってきて、仕上げの一部ひびが入ったり、クロス貼りにシワがよったり、すこし補修が必要だなあという感じのところが出てきます。

 今回も一箇所補修が必要なクロスの割れがあって、そこを補修してもらいました。あと設備配管の修理もありました。しばらく様子を見るところもあります。

 そんな感じで家は育てていくものだと思うので長い目でみていただきたいです。

 今回も住まいの変化が見れてよかったです。きれいに使われていました。

 薪ストーブはいつ入るのだろうか。など考えていました。

 しばらく予定が合わなかったけど、その後施主さん行きつけの店で、飲みに行って帰りました。


住人十色 大阪府東大阪市

nagase

設計を手掛けた長瀬の家が、
大阪府東大阪市「 バイクが優先!?4つの部屋を中庭で仕切る家」
というタイトルで放送されました。

その放送を見て、他の建築主の方が、1階はガレージと着付けの部屋とWCだけなんですね。
という、感想だったのですが、実は1階には個室がまだ2つあります。
放送時間の都合で、建物すべては紹介されませんでしたので、お伝えしておきます。

また、放送をご覧になられて、藤原・室建築設計事務所に興味がおありの方は、メールや電話などでお問い合わせください。 

大阪:長瀬の家 掲載しました。

nagase

大阪:長瀬の家 掲載しました。

この家は、バイクの作業スペースを広く取りたい、ということで、始まったガレージハウスのプロジェクトです。

ガレージハウスというと、一般的には車が家の中から見えたり、ということが多いです。

ですが、長瀬の家は、本格的なバイクの作業に没頭したい、という希望でした。

写真ではまだバイク周りは、あっさりしている状況ですが、年月が経つにつれて、1階の雰囲気がどうなっていくか、とても楽しみ住まいです。 

よろしければ、こちらからご覧ください。

藤原・室 建築設計事務所 長瀬の家のページへ 

東大阪の家 引き渡し

IMG_4744

長いようで、短いようで。

そんな気分になる、引き渡しの日が来ました。

いろいろとありましたが、計画から、工事のやり取り、お施主さんとのやり取り。

楽しかったです。

これからも、楽しさが生まれる家を作っていきたいと思いました。