日々のこと

大阪:平野の家

大阪:平野の家 外構工事

外構工事の打合せを行いました。

旗竿地の竿部分のアプローチの道の形状や仕上げ、駐車場部分の範囲や植栽するエリアの確保など打合せを行いました。

土に赤いスプレーで人が通るアプローチ形状を描きながらイメージし、形状を決めてゆきました。

大阪:平野の家 内部工事

内部下地工事ですが、吹き抜け空間なので内部に足場が建てられます。

複雑な内部空間の家ですが、足場が入り込むとさらに複雑な見え方になっています。

わかりにくいですが、だんだんと様子が見えてきています。

大阪:平野の家 資材搬入

現場で重たい材料を持ち上げて、資材を搬入する作業も大変です。

何人か大工さんが吹き抜け部分を利用して上に資材を運んでいきます。

建築現場は、今でも手仕事がほとんどで、昔とあまり変わらないアナログ的な作業が多いです。

 

大阪:平野の家 上棟式

上棟式が行われました。

かけ声をかけ、大工の棟梁さんが天井の梁を槌で打ちたてる行事があるのですが、この建物は上に上るだけでも大変です。

形状も複雑ですが、お施主さんはとても空間の様子を理解されていて、とても打合せがしやすいです。

これから現場も忙しくなってきます。

大阪:平野の家 建て方工事

建て方工事の様子です。

旗竿地の竿部分から見える、細長い正面の外観が印象的に見えれば、と思い計画しています。

特徴的な形状が見えてきました。

中は、この外観とは対照的に、もっと広がりのある空間が見えてくると思っています。

 

大阪:平野の家 基礎完成

基礎が完成しました。

細長い部分から家に入り込みます。

旗竿敷地はスケール感覚が自然と面白くなり、魅力的な空間ができあがっていきます。

段々と形が実感できるようになってきます。

大阪:平野の家 配筋工事

基礎工事に入っています。

旗竿地に建つ住宅の工事です。

現場で立ちながらの打合せ風景。

外観は竿部分の外観が見えるようになり、特徴的で楽しい見え方になるかと思っています。

中の様子も入り組んでいるので、構造打合せも時間をかけて進んでいます。

大阪:平野の家 地鎮祭

地鎮祭が行われました。

来年の2月ころ着工予定です。

旗竿敷地の住宅です。

旗竿敷地は、今まで何件か設計させていただいています。

今回も、特徴のある楽し気な家になるかと思っています。